専業主婦が消費者金融を利用することは、現在では非常にハードルが高くなっています。貸金業法に定められる総量規制により、原則として契約者本人に安定した収入があることが条件です。例外としては、配偶者貸付を利用することとなり専業主婦は内緒で利用することはできません。

一方、銀行カードローンは貸金業法が適用されないため、専業主婦の契約も可能になっているものの、最近では契約条件が見直され、専業主婦が契約できるという文言が削除されているケースもあります。ここで注意したいのは、銀行ATMを利用した際、キャッシング契約の案内が表示されることです。

一見すると契約条件がクリアしているように思われますが、働いているかどうか、収入があるかどうかの判断はされていません。そのため、専業主婦でも利用できると勘違いしてしまい申し込みしたものの、審査落ちというケースがあり得ます。まずは申し込み前に必ず契約条件を確認しておきましょう。