貸金法の改正により総量規制が施行されてしまいましたので、現在は年収の3分の1程度の金額がキャッシングにおける最大限度額と設定されるようになっています。ただしこれはあくまで消費者金融など貸金業のみの話で、その規制を受けない銀行系のカードローンやキャッシングでは実はそれ以上の融資を受けることができるようになっています。

またたとえ消費者金融であっても、複数のカードローンやキャッシングを一本化する借り換えローン、おまとめローンでは総量規制に縛られない多額の融資が行えるようになっていますので、該当する方で支払い日を1日にまとめたり金利の低減を図りたい方はあきらめずにぜひ各社の提供するキャッシングを申し込んでみましょう。