近年、貸金業法によって総量規制が実施されており、消費者金融会社に義務付けられています。この総量規制の対象になるのは、消費者金融会社や信販会社などのキャッシングサービスであり、複数のサービスを使っている人々は限度額の総額が年収の3分の1までになるようにしなければいけません。

もし、年収の3分の1以上の限度額を超えて個人向けの融資を利用したいのであれば、総量規制対象外の銀行などが実施しているカードローンを利用するのが良いでしょう。

総量規制対象外のローンの利点は、総量規制の制限を受けずに、複数のサービスから借り入れが出来る事です。サービス内容や利便性は消費者金融会社のキャッシングと同レベルである事が多いですので、使い勝手が向上するでしょう。