金融機関から融資を受ける場合、多くのケースが保証人・担保無しのカードローンやフリーローンとなっています。また、保証人に迷惑を掛けたくない、財産を取られたくないということから選択することもあります。ですが、収入が高く、安定して返済できる場合は保証人・担保無しのローンは損をしています。これらのローンは、貸倒リスクを考慮した金利設定となり、信用が高い場合でも一定の金利が適用されてしまいます。

しかし、住宅を担保とするなら融資リスクが低下することとなり、金利が引き下げられます。特に教育ローンなら高い金利設定では、総返済額が高くなるため不動産担保ローンを活用したり、住宅ローンを契約している金融機関を選択するのがポイントです。先ずは、申し込み前に徹底して金利が下がる方法を検討するのが重要です。